ベンチャービート (VentureBeat)

お客さまのニュースを、ベンチャー・キャピタルのオーディエンスに向けて発信します。 

ベンチャー・キャピタル・ニュースに最適なプラットフォーム 

ベンチャー・キャピタル・ファンドやインフルエンサーに働きかけたいと考えているビジネスワイヤのクライアントそれぞれのプレスリリース配信に加えていただきたい、強力なチャネルがあります。それが、このVentureBeatです。VentureBeatがとくにターゲットとするのは、潜在的投資家、企業の意思決定者、ハイテク業界のリーダー、革新的な新製品・サービスに強い関心を持つ消費者などです。 

ベンチャー・キャピタル(VC)が支援するイノベーション、ディールフロー、流動性をテーマとする記事を含んだお客さまのプレスリリースを、VCのニュースの一つに加えます。VentureBeatは影響力のあるオーディエンスにアピールします。ベンチャー・キャピタル・コミュニティーのエンゲージメントを高めたいと考えている企業にとって、理想的なプラットフォームとなります。 

VentureBeatを発注すると、お客さまのプレスリリースはVentureBeat.comの最初のページに掲載され、月間1,800万ページビューを超える他のトップニュースと並んで表示されます。VentureBeatは、ターゲットとするベンチャー・キャピタルやプライベート・エクイティに関心のあるオーディエンスを対象としており、その中には投資決定権限を有する取締役レベルのファンド・エグゼクティブたちも含まれています。VentureBeatはまた、人気のソーシャル・ネットワーク・チャネルやメール・ニュースレターを通じてオーディエンスにもアクセスします。 

Learn More

もっと見る

以下の情報を入力してください。ご連絡いたします

弊社の最新情報を入手する

Business WireBlogでは、PRIR、マーケティング、メディアに役立つ最新情報を紹介しています。

テクノロジー関連ニュースのインパクトを高める3つの方法

ビジネスワイヤはOnclusiveとの緊密な連携により、この1年半で何千ものプレスリリースを分析し、最近行われたウェビナーでテクノロジー関連のリリース6,000件以上の調査について報告しました。そこには意外な結果もありました。 そこで得られたデータから、テクノロジー関連の広報・PRチームがリリースのインパクトを高めるために活用できる、3つのポイントをお伝えし...

報道される機会を最大化するメディアリレーションの32のヒント

ビジネスワイヤは60年もの間にわたり、世界中の様々な規模のメディアと連携してきました。 世界が変化するにつれ、ジャーナリズムもまた変化しています。2022年の今では、記者もメディアもより信頼できるストーリー、つまり、企業ではなく、読者が読みたいと思うストーリーを求めています。

パンデミック後の世界で、メディアリレーションの成果を上げる9つの方法

メディアリレーションでは、タイミングとストーリーテリングが重要だと言われてきました。 ただ、世界的なパンデミックのなかで、人間性が強く求められ、報道機関が大幅に減少している現在ではどうでしょうか?これまで以上にメディアの数が減っているこの2022年に、広報・PRの担当者は、メディアリレーションの施策をどう変えていけばよいのでしょうか?